パパはみんなえらいよ

8日から10日まで関西でした。
8日はnobolちゃんライブ、彼女らはほんまによくなってきてると思う。もちろんもっともっとできるけど。でも、ちゃんと成長している感触があるね。

ライブ後は大学時代の友達と3人で朝まで飲む(オレは主にパインジュースを)。すっかり大人になった今となっては貴重なほど熱くぶつかり合う。が、相手の感情の源が嫉妬心であることを悟り、勝ったつもりになる。
でも、ミュージシャンであるということは、音質や技術とか小手先のことよりも、音楽に対してどこまでも真摯であるということが最も大事なことだ!改めて確認させられた。
と、優しいオレは解釈することにする。わかってるけど。
あと、ちょっとは自分に余裕を持って、人の意見に耳を貸しなさい。とかゆっとったか。ふん。

9日は実家帰ってただただ食っちゃ寝して、10日はこれまた学生時代からの友人・川西君のストレンジヌードカルトとトミーで対バン。
自分らやストレンジのライブがどうこうより、10数年前はガッラガラやった客席がいっぱいになってたことに感慨があったね。うれしかった。ただ時が流れただけではないのだ。
ストレンジのライブにも一瞬呼ばれて、初の競演果たしてみたりして。打ち上げも楽しかった。

が、打ち上げが楽しすぎたせいで、メンバー全員すっかり帰りのことを考えず、深夜3時頃、大阪を出発するも、東京に着く頃には完全に渋滞が出来上がっており、みんなヘロヘロの状態で帰宅し、翌11日のライブの入りに遅刻するメンバーが予想通りあっさり生まれる。
ライブは予定のセットリストを無視しての実験的なステージ。そこで感じたことをまた4人で確認してバンドは成長していきます。
ただ時が流れるだけにはさせない。これからも。
[PR]
by sonetaku | 2007-06-12 23:38 | 日記 | Comments(1)
Commented by ひろみ。 at 2007-06-15 20:07 x
今回の関西は忘れ物はしなかったのですか?。
ライブお疲れさまでした。♪。


<< 子の心、親知らず イチローってなんでドライビング... >>